会社員がFXをするための確定申告の方法を理解しよう!

確定申告をする目的

最近では会社員でも今後の収入が安定するとは限らない状況のため、副業をしてなんとかしたいと思っている人は多くいます。
税金は基本的に給与支払時に源泉徴収されていますが、その金額で勤務先の経理担当者に判明して厄介になると困るものです。

ただし、副業の所得が年間で20万円以上になれば確定申告が必要で、毎年2月中旬頃から3月中旬頃の機関に手続きを済ませないといけません。
副業の所得は雑所得として扱われ、経費がかかれば課税対象所得から控除されて節税ができます。

会社員であれば勤務先が源泉徴収や年末調整を行ってくれますが、正確な税金を計算することができない状況なら自分で申告をすると得することも多いです。
このため、節税をしたり勤務先にバレないように行う傾向がありますが、流れを把握して忘れないようにする必要があります。

申告すべき所得を確かめよう

副業で収入があれば支払われ方と支払い者が交付されるものがあり、税務署側はきちんと把握しています。
このため、正確に記入しないと税務調査が行われる場合もあり、二度手間になるためなるべく避けるようにしたいものです。

ただし、経費がかかれば差し引いて年間で20万円以上になり、税務署によって扱う項目があり事前に確認して手続きをする必要があります。
副業の場合は雑所得として扱われ、支払われ方はギャラや報酬と呼ばれています。

正確な金額を把握するためには履歴を確かめ、源泉徴収票や支払調書、所得の内訳書を準備して書くことが必要です。
申告をするために必要な書類は期限の直前になると準備しにくくなり、前もって集めて記入して計算するよう段取りを決める必要があります。

・副業がバレたくない場合は?

最近では多くの会社員が副業を行っていますが、バレないようにしないと人間関係が悪くなる場合もあります。
基本的に、会社員は特別徴収で税金を納めるため、本業の給与所得よりも課税対象所得が多くなれば怪しまれやすいです。

ただし、確定申告書の住民税に関する事項があり、自分で納付をするところにチェックを入れるとこのような事態を回避できます。
この場合は税務署から住民税の支払通知が届くため、忘れないように納付すると安心して副業をしやすいです。

副業にはFXや株取引のように利益を出して稼ぐ方法もありますが、FXの場合は必ず確定申告をしないといけません。
このため、会社員が副業をするときは条件を確かめ、勤務先にバレずに続けやすくするといざというときに困らなくなります。